one scene – 2014.07.01 日常を

20140701-225950-82790205.jpg

この街角の大型ビジョンに、毎日映し出されるたくさんの景色、たくさんのニュース。
多くの人は、それを一瞥して過ぎていく。それが日常。自分もそうだ。

だが今夜は、そこに映し出された一文字一文字を目に焼き付けずにはおられなかった。戦後日本、転換点…そんな文字を、こうして見るとは思わなかった。

文字列の先、画面の遠く…招かれざるべき非日常が日常にされていきはしないか。それを危惧する。

僕らの先輩方が、その血と命をもって購った、そして全身全霊で守り抜いてきた、平和という名の日常。その続きに、僕らはいる。

その日常、手放すもんか。絶対に。

(札幌 南1条西4丁目)

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Yuuki URYU

この「私信」を書いている人。 北海道・札幌を拠点に、写真作家として活動。他にも紙媒体を中心としたデザインの仕事や、編集・インタヴューからラジオパーソナリティの経験など、もはや自分は何屋なのかと思い続けて幾星霜。 昨今のSNS的/メッセンジャー的レスポンスに疲れて、ただ「私信」を書いてみたいと思い、実は2004年から設けているこのブログを復活。