夏祭りの夜

札幌の総鎮守・北海道神宮の例大祭「札幌まつり」が今年も月曜日から3日間行われている。
神宮が鎮座ましますところは円山。でも、出店はここ・中島公園に出る(円山にも出店とフリーマーケットがある)。
池の周りをぐるっと取り囲む数百の露店。そして、今では珍しくなった見世物小屋やお化け屋敷が文学館横の広場に今年もやってきて、何十年と変わらないであろう呼び声で好奇心をかきたてる。
ここが2010年の札幌かと思ってしまう光景だけど、これってきっといつまでも変わらないんだろうなぁと思う。
縁日という”ハレ”の日。子どもにも大人にも、そこに現れる非日常を楽しんでいる。
子どもにとっては、背伸びした大人の世界。大人にとっては、”大人の世界”を知った今、逆に子どもに戻れるところ。そのどちらも、少しばかりの非日常なのだと思う。

明日の最終日、札幌の街中を御神輿と山車が練り回る。
午後からは数年ぶりの雨の渡御となってしまいそうだ。大降りにならなければいいのだけど。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Yuuki URYU

この「私信」を書いている人。 北海道・札幌を拠点に、写真作家として活動。他にも紙媒体を中心としたデザインの仕事や、編集・インタヴューからラジオパーソナリティの経験など、もはや自分は何屋なのかと思い続けて幾星霜。 昨今のSNS的/メッセンジャー的レスポンスに疲れて、ただ「私信」を書いてみたいと思い、実は2004年から設けているこのブログを復活。