重なる「きょう」を、これからも −御礼・『Today』閉幕−

20090426-p01

僕・ウリュウ ユウキの今年初の個展『Today』は、4月26日(日)をもちまして15日間の会期を無事、そして、本当にたくさんの皆さまのご来場をいただいて、終了することができました。

会期中足をお運びくださいました皆さま、会場でお会いできなかったものの応援してくださった皆さま、一坪から広がる無限の空間・gallery new starの大家さんであるkamiyaとHanareの皆さまに、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

20090426-p02

今回はほぼ一年ぶりの個展でした。
この一年、たくさんのグループ展や場所での展示をさせていただき、多くの刺激を受けた日々。
その『日々』に改めて眼を向け、いま僕の目の前にある光景のそこにある理由を思いながら撮り続け、そして、シャッターを切った瞬間から「きのう」「おととい」になっていくその光景を「きょう」につないでいく日々を経てかたちにした24枚の写真。
被写体に近づき、遠ざかり、撮る。先日も書いたように今回は多くを50mmないし35mmのレンズで撮りましたが、写真を始めた頃基本として教えられたそれらのレンズは僕たちが世界を観るときに集中して見えている画角に近い見え方をします。
なにげなさとさりげなさの中にある”なにげ”と”さりげ”を、僕の眼に近いレンズで撮りました。見てくださるあなたの眼もまた、僕の眼に重ねていただけたことと思います。

20090426-p03

『Today』の15日間も、作品を搬出したいま、過去のものになりました。
でも、この日々もまた、明日から重ねていく「きょう」に、間違いなくつながり続けていきます。
これからも僕は、重なる日々をたいせつに、写真にし続けていきたいと思います。

また、お会いしましょう。

●僕のサイトの[exhibitions]内に展示の光景をUPしました!ぜひご覧ください。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Yuuki URYU

この「私信」を書いている人。 北海道・札幌を拠点に、写真作家として活動。他にも紙媒体を中心としたデザインの仕事や、編集・インタヴューからラジオパーソナリティの経験など、もはや自分は何屋なのかと思い続けて幾星霜。 昨今のSNS的/メッセンジャー的レスポンスに疲れて、ただ「私信」を書いてみたいと思い、実は2004年から設けているこのブログを復活。