『旅をするフィルム』を36倍(!?)深く観る方法

いよいよ後半に入りました、我が個展『旅をするフィルム』
これからおいでになられる方に、作者おすすめの”ベストポジション”をお教えしましょう。
当然のことながら、作品を観るスタイルや順番は、見てくださるあなたにすべて委ねています(作品に順番・順路は設けていませんし、キャプション類も付けていません)。
でも、僕が配置や構成を考え、実際に展示した中で、ここに立つと75点に及ぶ作品の中のコアなところが見えてきます。よろしければ、ぜひお試しあれ。

20071119-p02.jpg
(1)中央にあるスツール(いす)・もっとも入口側に座って、奥側を向く。
……耐震のためどうしても必要な柱が2本ギャラリー内にあります。その間にあるこのあたりからは、空間の全体像を感じられるはず。

20071119-p01.jpg
(2)奥の柱の裏側。柱を背につきあたりの作品群を観る。
……実はここに座り込んで、20分くらい作品をずっと見ていてくれた方がいました。なんだか、すごくうれしかった。つきあたりの作品群は、よーく観るとところどころがつながってきます。

20071119-p03.jpg
(3)プロジェクターの入口側そば
……ここでもじっくりと半切の作品とプロジェクター越しのスライドショーを見て下さる方が多いです。ギャラリーから出っ張ったこの空間は窓の外からも見られるのですが、それもまたおすすめです。

そして、ご来場になられたらよく耳も澄ましてみてください。音楽と音楽の間には……。

どうぞ、全身で「旅」を感じにおいでください。
個展、あと2日です。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Yuuki URYU

この「私信」を書いている人。 北海道・札幌を拠点に、写真作家として活動。他にも紙媒体を中心としたデザインの仕事や、編集・インタヴューからラジオパーソナリティの経験など、もはや自分は何屋なのかと思い続けて幾星霜。 昨今のSNS的/メッセンジャー的レスポンスに疲れて、ただ「私信」を書いてみたいと思い、実は2004年から設けているこのブログを復活。