【加筆!】こういう場に来ると元気になる。

8f3d4a69.jpg不思議なものです。

友人・sachikoちゃんとましもちゃんの二人展が始まりました(写真はオープニングレセプションにて。体調はまだ本調子じゃなかったけど、ぜひとも行きたかったから……)。

片や、無数の長さとかたちの線を紡ぎ続け、片や、五感……時に官能に訴えてくる桃色のものを生み出し続ける。

点と線、線と点。でもそれは、第三者=観る人がかかわることによって「面」になる。彼女たちの作品を観て、いつもそう感じます。
かたちになりにくいものを、かたちにする−−−。
写真はそのまんまが写り込むけれど、彼女たちのは必ずしもそうではない。でも、どっちも最後はその現場に介在した人、目撃者の存在によってかたちになる。
線にも点にも、あたたかさと冷たさがあって、それは人を遠ざけたりもするし、一方で誘いもする。何度も磁場の中をぐるぐるしながら、最後にはあたたかい体温が残る、そんなふうに僕は感じました。

さて、あなたは”線と温い桃色”に包まれて、何を感じるでしょう。

●c.a.t.e.r.p.i.l.l.a.r 『線と温い桃色』
3/6(火)〜3/11(日) 10:00-18:00
コンチネンタルギャラリー
札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビルB1(1F……北洋銀行)
地下鉄東西線西11丁目駅・市電中央区役所前電停下車

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Yuuki URYU

この「私信」を書いている人。 北海道・札幌を拠点に、写真作家として活動。他にも紙媒体を中心としたデザインの仕事や、編集・インタヴューからラジオパーソナリティの経験など、もはや自分は何屋なのかと思い続けて幾星霜。 昨今のSNS的/メッセンジャー的レスポンスに疲れて、ただ「私信」を書いてみたいと思い、実は2004年から設けているこのブログを復活。